FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡は起こる

  • 2012/01/22(日) 02:30:00

「奇跡とは、普通に考えれば絶対起きない出来事が、そうなって欲しいと願う人間の強い意志で起きる出来事です。奇跡は起こるから奇跡と言います。
自分には無理だと諦めている人には、絶対に起きません。」

と、以前『家政婦のミタ』で言っていましたね。
(毎回、見ていなかったのですが、たまたま見た時に、この台詞を言っていて、良い言葉だな、と思っていました。)

確かに!なんですよね。

ちょうど、その言葉とリンクして思い出したお話があります。

それは、『ロレンツォのオイル/命の詩』(原題:Lorenzo's Oil)というお話です。

Wikipediaより~あらすじ
ひとり息子であるロレンツォ(5歳)の難病を治すことの出来る医師が居ないと知り、オドーネ夫妻(夫オーギュストと妻ミケーラ)は医学的知識が無いにもかかわらず自力で治療法を探すことを決意。
治療法を見つけ出すため、もはや手の尽くしようがないと信じる医師、科学者、支援団体らと衝突する。しかし自らの意志を貫き、医学図書館に通い詰め、動物実験を参照し、世界中の研究者や一流の医学者らに問い合わせ、さらに自ら副腎白質ジストロフィーに関する国際的シンポジウムを組織するに到る。
死に物狂いの努力に関わらず、息子の様態は日々悪化する。次第に彼らが参加していた支援団体のコーディネーターからも疑いの念が抱かれるなか、彼らは食餌療法として特定のオイル(実際にはエルカ酸とオレイン酸のトリグリセリドを1:4の割合で配合したもの)に関する治療法を思いつく。100以上の世界中の会社に問い合わせた結果、適切な方法で蒸留することが出来る定年間近の英国老化学者を探し出す。


ロレンツォのオイル 命の詩 - goo 映画


ロレンツォさんは、劇的な回復には至りませんでしたが、ある程度までは回復出来たと言う事です。その後、30歳でお亡くなりになりましたが、そのオイルの発見のおかげで、命が助かる人が出来たと言う事、とても素晴らしいと思います。
やはり、信じる事って、大切だな、と感じました。
信じれば、叶う!と言う事ですね。


AUTHOR: Ray
DATE: 01/29/2012 11:54:31 PM
私も、「思考が行動を作り、信念は現実となる」と思っています。
思ったり、信じたりする内容は大切ですね{%クローバーwebry%}

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。